アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

悪化中のぼく。

 

修学旅行から帰り、10連休のGWが終わった。

 

ぼくのアトピーは悪化中。痒くなる時間が増えた。首からは浸出液。顔は落屑がひどい。血が出るくらい掻きむしる。掻いたあとは風が吹くだけで傷がいたい。

 

学校は行ったり行かなかったり。先々週は2回、先週は1回しか行けなかった。今週はもう行ける気がしない。行かない日は罪悪感。もうすぐ中総体なのに、部活も行っていない。

 

休んだ日は傷が落ち着くまでじっと我慢。動けるようになったらご飯食べる。少し勉強して、お風呂に入る。お風呂は傷がしみるけど、浸かった時のほっとするあの感覚が好き。まだ普通にお風呂に入れることが嬉しい。上がったら傷にクマ油をぬると傷の痛みがマシになる。そしたら体を動かす時間。今はバスケにハマっててマンガで見た技を練習している。この技、体育の授業で試したかった。みんなとバスケしたかった。

 

気持ちが落ち込む日も増えた。親も心配している。今の目標は、最後の中総体出たい。2週間後に友達と約束してる映画に行きたい。1か月後親友が陸上の大きな大会に出る、その応援に行きたい。

 

目の前の目標だけをみれば前向きになれるけど、先のことを考えると怖くなる。ぼく大人になって働けるのか。自分で生活していけるのか。大人になりたくない。

 

f:id:bokunokiroku:20190529064352j:image