アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

ぼくの小さな旅。

出来ることを増やしたくて、初めて1人でバスに乗った。ぼくの住んでる所は車移動が当たり前で、なかなかバスや電車に乗る機会がない。バスに乗ること自体ないので、人生で3度目のバス。

 

1人で乗るのは緊張した。周りを見渡せるようにメガネを持って行くつもりだったけど、忘れてしまった。しかもスマホの充電が切れそう。時間通りにバスって来るのか。もしスルーされたらどうしよう。お金はどうやって払うんだっけ。帰りのバスに乗れなかったらどうしよう。頭ん中、グルグルそんなことを考えていた。

 

少し遅れてやって来たバス。僕の前で止まってくれた。席に座って、一瞬ホッとしたけど降りるとこ間違えないように、とずっと気がぬけなかった。メガネなくて景色も全然入ってこない。目的地のスーパーの前に来た。お金を払って降りる。

 

今回はバスに乗ることが目的だから…特に買う物もなく、おやつを買った。帰りは行きと同じく緊張しながらバスに乗るぼく。部屋に帰って来てやっとホッとした。

 

ぼくの小さな旅、成功。

 

f:id:bokunokiroku:20190302071240j:image