アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

豊富温泉 〜最後の砦〜

アトピーのぼくが出会った豊富温泉は、ぼくの肌をいい状態にして元気をくれました。大きな自然の力に圧倒され、感動、尊敬、感謝。言葉では言い表せないほどの力をくれました。豊富温泉はすごいパワーを持った温泉です。そしてそこに集まる人もパワーを持った人たちが集まっていました。北海道のてっぺんまで来るんだから、きっとたくさんのエネルギーを使うはず。そのエネルギーを費やしてでもここへ集まって来る人達。すごいパワーを持った豊富温泉だからこそ、たくさんの人達が集まるんだと感じました。27日間の滞在で得たものはぼくの宝物です。アトピーで苦しんでいる人が豊富温泉に出会って、少しでも肌の状態が良くなったり気持ちが楽になれますように。

 *ぼくの肌に豊富温泉は合いましたが、中には合わない人もいるそうです。

 

豊富温泉 

 

 豊富温泉は全国的にも珍しい油分を含んだ石油臭のする温泉。1926年(大正15年)石油採掘中に天然ガスと共に温泉が噴出した。

泉質は弱アルカリ性で、重曹・ホウ素(殺菌効果)、タール(抗炎症作用)、メタホウ酸(消毒効果)、マグネシウム(炎症鎮静効果)、メタケイ酸(美肌効果)が含まれていて乾癬やアトピーに効果がある。

1990年代には乾癬の患者から注目が集まり、2000年代以降アトピーの患者が全国から湯治に訪れている。

 

入浴施設

 

ふれあいセンター 

<入浴> 8:30~21:00  受付は20:30まで

<入浴料> 大人510円 子ども250円 65歳以上380円 小学生未満無料

<TEL> 0162-82-1777

<HP>   豊富町

 

ニュー温泉閣ホテル

<入浴> 11:00~22:00

<入浴料> 大人500円 子ども300円 小学生未満無料

<TEL> 0162-82-1243

<HP> ニュー温泉閣ホテル

 

ホテル豊富

<入浴> 11:00~21:00

<入浴料> 大人500円 子ども250円 小学生未満無料

<TEL> 0162-82-1055

<HP> ホテル豊富

 

川島旅館

<入浴> 10:30~22:00

<入浴料> 大人800円 子ども400円 小学生未満無料

<TEL> 0162-82-1248

<HP> 川島旅館

 

宿泊施設

 

〜豊富温泉街〜

ニュー温泉閣ホテル

ホテル豊富

川島旅館

ホテルウィン(ウィクリーマンション型)

湯の花荘(シェアハウス)

湯快宿(保養宿泊所)

・シェアハウス「YADO」

ウカスイモシリ(シェアハウス)*2019年4月オープン予定

 

 〜豊富市街地〜

ヤドカリハウス(シェアハウス&ビジネスホテル)

ロッジメント宮本(食事付きアパート)

stayわが家(女性限定移住体験ホーム)

・トーヨーホテル

・松屋旅館 

あしたの城(市街地から少し外れた場所)*2019年1月7日〜1月31日まで「北海道ふっこう割」の対象施設。

 

湯治

湯治については、豊富温泉のホームページ「ミライノトウジ」に詳しく載っています。

toyotomi-onsen.com

 

湯治経験者の体験談、研究者の解説、豊富周辺のガイドなどが載っている本もあります。