アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

豊富温泉 26日目

顔の痒みと傷とガサガサ。原因を探る。肌が良くなっていたから、食べ物で気を抜いてしまった。調子乗ってサプリを飲まない日が続いた。海外から取り寄せているサプリを切らしてしまった。だからじゃないかと考える。正解は分からないけど、とりあえず出来ることはしないと。

 

昼間はふれあいセンター2階のコンシェルジュへ行って、帰った後の生活について話してきた。帰ってから肌の状態がどうなるのかを考えると不安になってしまうけど。「心配しても、心配しなくても、アトピーが出るときは出るんだし」と言われ気持ちが楽になった。今まで通り食べ物に気をつけて、生活習慣を整える。

 

豊富で過ごす最後の夜。夕飯はふれあいセンターの味彩でジンニスカンを食べた。やっぱり柔らかくて美味しい。このタレも好き。タレだけでご飯食べれそうな気がする。

 

夜の湯治の帰り道は気温はマイナス5度だったけど、雪の上に寝転んでみたり、ぽっけの駐車場の真っ白な雪に大きな絵かいたり。「寒い〜!」「トイレ行きたい」「早く部屋戻ろう」と言いながらも2人でゆっくり散歩しながら帰ってきた。部屋では荷造りしたり、過去の自分の写真を見返した。

 

明日の朝湯治をしたら豊富を離れます。

 

f:id:bokunokiroku:20181229002016j:image