アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

豊富温泉 19日目

気になっていた頭の傷が治り始めた。まだ頭と顔と首の痒みは少しある。顔をパチパチと叩くクセがおさまらない。

 

稚内まで出かけた。今回はお土産の買い物と大学の見学と日本のてっぺん宗谷岬が目的。稚内のお店でお土産をカゴいっぱい買った。大学の見学は、直前になってどうしても行きたくなくなり、ストレスで痒くて痒くて久しぶりに夢中で掻いた。ママはぼくに一歩踏み出して欲しいという。痒みがおさまるのを待って、ママがさあ行こうという。動かないぼくを見てママは諦めて1人で大学へ入って行った。逃げてるつもりはないけど逃げてるようにみえるんだと思う。でももしかしたら、逃げてないふりして逃げているのかもしれない。

 

戻って来たママはぼくに大学の中を見せたかった、案内してくれた事務局の人に会って欲しかったと言っていた。その人もアトピーで湯治経験者だったらしい。自分の経験を話してくれたことにママは感動していた。その話しをぼくにも聞かせたかったんだと思う。事務局の人は大学内の話しもたくさん説明してくれたらしく、それを興奮ぎみで話すママ。大学の話しが終わると、色んな選択肢があることを教えてくれた。また1つ不安が少しだけ減った。

 

宗谷岬は、いるだけでパワーをもらった。すごい景色だった。間宮林蔵からも樺太からもパワーをもらってきた。明日からまた頑張ろう。

 

f:id:bokunokiroku:20181221234618j:image

 

部屋に帰ってからママが疲れたというので、始めてうどんを作った。意外と美味しくできた。出来ることが増えるのが楽しい。

 

f:id:bokunokiroku:20181221234957j:image