アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

豊富温泉 15日目

良く寝て。良く食べた。久しぶりに手首が痒い。変わらず湯治は2回で、温泉には10分しか入ってられないぼく。

 

痒いと食べる気持ちにならないし、食べる為に起き上がるのも辛かった日々。最近は毎日食べることが楽しみになった。今日のお昼は白菜とサバ缶のチーズ焼き、夜は鶏のつくね鍋とホッキ貝のバター焼き。どれもぼく好みの味でお腹いっぱい食べた。

 

ママは玉ねぎ餃子が得意料理、それと冷蔵庫にあるものでパパッと作る料理が美味しい。パパは野菜スープとハンバーグが得意で、お店よりも美味しい。久しぶりにパパの料理が食べたくなってきたな。帰った日はハンバーグ作ってもらおう。

 

ぼくの96歳のひいばあちゃんがいつも言っている言葉を思い出した。食べることは生きること。そんなの当たり前のことじゅん、食べなきゃ死ぬよって思ってたけど、この言葉の意味が今日分かった。ただ食べてるだけなら、ただ生きてるだけ。食べることを楽しめたら、人生も楽しんで生きれる。食べる気力があれば、人生に気力が出で来る。そうゆうことなんじゃないかと思う。ひいばあちゃんに会いたくなった。

 

今日はちょっとした事件があった。夜の湯治からの帰り道、ママと雪ではしゃぐぼく。雪の塊を潰したり、誰も歩いていない雪道に足跡つけながら帰っていた。テンションが上がったぼくは足跡のない真っ白な道を往復でダッシュしてみた。気持ち良かった。ママはぼくの走る姿を見て笑って動画を撮っていた。

 

その後息が切れてちょっとハーハー言って一休みしている時に気づいた。ぼくのスマホがなくなっていた。手提げや全てのポケット見たけどない。やってしまった、雪の中にスマホを落としてしまった。

 

来た道を何度も往復したり、足で雪をかきながらママと必死に探した。1時間半後、何度も探した場所で雪に埋もれているスマホ発見!うわーと声が出るくらい嬉しかった。もしかしたら、雪が溶ける春まで見つからないかもしれないとも考えた。良かった、ホントにママありがと。

 

f:id:bokunokiroku:20181218005823j:image