アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

豊富温泉 1日目

長い移動が終わり豊富温泉に着いた。

とりあえず何もない。思った以上に何もない。

 

温泉付近では買い物は出来ない。

買い物は車で10分くらい離れた街まで行く。

温泉に入るのみって感じになりそう。

 

人と関わることが大嫌いなぼく。

ぼくのこと誰も見ていないと思うけど、でも人の視線が気になる。

温泉で誰かに話かけられたらどうしようと考える。

不安になってイライラして、そして痒みに襲われる。

 

温泉の空いている時間を狙って入ることにした。

多いのか少ないのか分からないけど4人のおじさん達がいた。

1人のおじさんに話しかけられた。

 

「うわ来た。嫌だ。」

 

そんな思いで話していたけど。

いいおじさんだった。

うん、でも話かけられるのはやっぱり苦痛だ。

 

今日は15分入った。温泉から上がると皮膚の傷の部分がチクチクと痛んだ。

でも初めはみんなそうなるらしい。

 

 

f:id:bokunokiroku:20181204165753j:plain