アトピーとぼくと家族

中学生になってアトピーになったぼくの記録

アトピーあるある。

アトピー仲間とアトピーあるあるを語る。軽度から重度まで症状はそれぞれ。分かりあえる友達の存在は大きい。

 

風が吹くと痛い。春のそよ風はもちろん、人が歩く時に空気が動くのも痛い。

 

服の縫い目がいたい。凹凸がキツいので、家の中では全て裏返して着る。

 

掻くと気持ちいい〜。何も考えず、無心で掻いてる時の気持ち良さは最高。

 

黒い服は着られない。皮膚がポロポロ落ちて目立つから。

 

白い下着の汚れ。浸出液や血液で汚れてしまう。

 

採血の時なんども刺される。これすごい恐怖で、採血直前はパニクる。逃げたくなる。

 

いつのまにか流血。寝てる間に無意識で掻いているのか皮膚と爪が血だらけ。

 

f:id:bokunokiroku:20181027143439j:image